ひとりゆるり旅

【ぷにの雑記帳】

カウンセリング卒業しました

f:id:feelingstar:20210410215945j:plain

画像出典:https://unsplash.com/

暖かくなりました。最近あまり時間感覚がなく、サーっと毎日が過ぎていくので季節をしっかり実感することはないですが、厚着をしなくて済むようになったので体が楽になった気がします。

さて、3月に6年ほど続けたカウンセリングを卒業しました。
6年間、心理士の先生と一緒に問題を解決すべくいろいろ考えることができたのはとても良い機会でしたし、特にここ2年ほどは自分自身の成長を実感することができました。

友人関係や前籍校との大きな問題や健康上の問題、就労移行支援事業所への通所開始、自分の特性に改めて向き合う…などなど多種多様な課題や変化がありましたが、定期的なカウンセリングで先生とお話しして内容を整理することで脳内がまとまっていきました。

例えると就労移行はマラソンコースで自分がコースを走るランナーで、カウンセリングは一緒に走ってくれる伴走者…といった感じでしょうか。ちなみに、就労移行のスタッフさんを例えると、監督やコーチな気がします。

特に友人関係には長い間かなり悩み、今も人間関係の構築に対して恐怖心がありますが(コミュニケーションが不得手ということも一因かと思います)、以前の友人関係のトラブルに関して何とも思わなくなりました。たまに思い出すこともありますが、ある程度は受け流せます。なので、ものすごく気持ちが楽になりました。

カウンセリングにお世話になっていた時期が長かったので、定期的なカウンセリングがないことに少し不安もありますが、少しずつ自分で前に進めるようにするのに頑張りたいなと思っています。

実は本来は昨年の9月あたりで卒業予定でしたが、コロナ禍の影響で少しの間お休みになってしまったので、今年の3月に延びました。でも、タイミング的にはちょうどよかったと思います。

カウンセリングを卒業するにあたり、改めていろいろ振り返ってみましたが、本当にいろいろな方にお世話になって、支えてくれているんだなあと思いました。たくさんの人の顔が思い浮かびます。お世話になった(なっている)人たちによい報告ができるように日々頑張っています。

でも、私は頑張りすぎてつぶれてしまう節があるので気を付けなければいけないですね😅

最近、通所先のスタッフさんに「ぷにさんの字のファンです☺」と言ってもらえて、モチベーションが上がったぷにでした。読んでいただきありがとうございました!

 

fallingstar-journey.hatenadiary.jp